So-net無料ブログ作成

[Alexandros][Champagne]古い曲紹介11 『City』 Part3(中盤) [[Alexandros][Champagne]]

どうも、寅ネコのとらじろうです。



はい、[Alexandros]の古き曲を紹介する のコーナー11回目です。


今日紹介するのは『City』

そしてこの曲を紹介するのは3度目になります。
Part1 http://champagneed07.blog.so-net.ne.jp/2015-02-10
Part2 http://champagneed07.blog.so-net.ne.jp/2015-03-01

Part3は3部構成にしました。

今回は、その中盤戦です♪
前半戦はコチラ→http://champagneed07.blog.so-net.ne.jp/2015-03-04


毎回、視点を変えて紹介しているつもりですが

大好きなので5回でも10回でも紹介しますよ、まだまだ(笑)


それでは、まずはお聴きください。
ゴッドソング『City』



いかがでしたか?

僕の『City』の紹介ブログを3話全部見てくださった方は

これで、10回目くらいの再生ですかね?


だんだんと

言葉が心に入ってくるようになりましたか?

じんわりと

音が脳の隅々に行き渡ってますよね?


この感覚を世間一般ではスルメと呼ぶそうですが、

僕はですね

第一再生で

ビビッときました。

そして、上に書いたような感覚で

どんどん

ハマっていきました。



★それでは、中盤戦はじめます。
(前半戦はコチラ→http://champagneed07.blog.so-net.ne.jp/2015-03-04

「Crowd 騒ぐ 薄っぺらく笑い カラカラと 響く
空き缶しばいた」


ここの歌詞よく観察してください。

あるいは、よく聴いてください。

あれ?今回は、歌詞にフォーカスしないと言いましたね。
違うんです。

ここのパートめちゃくちゃ響きがいいと思いませんか?

昔、洋平さんが

曲をつくる時は、メロディからつくることがほとんどで
後から響きがカッコいい歌詞をのせることが多い

とおっしゃっていました。


まさに、その通りの芸術。

僕が思うに、洋平さんは「か」行の発音がカッコいい。

外国の方が日本語を発音するときのように

子音を強調して発音するからだと思うが。

このパートはそんな「か」行がリズムよく散りばめられています。


なんとも聴いていてすこぶる気持ち良いから、

ここのパートだけを聴いて一日を終えてしまってもいいくらいです(笑)


さて、次のフレーズ「君の涙疑って~」から何やら様相が変わります。

ボーカルのテンポは一定なのに

だんだんと盛り上がっていく様を、ギターとドラムが巧く表現しています。


このサビ前の盛り上がりがあってこそ、

このサビが活きてくるんですね。


序盤は、すごく大人しい印象です。
胸の内なる思いから熱さは感じられません。
むしろ、冷たいです。

しかし、サビでその思いを爆発させるんです。
実は、ものすごい熱い思いを。
魂を解き放つ瞬間ですね。
洋平さんのキレイな高音にのせて。

この曲は、このメリハリが最高にたまらない。
声の高さ、色にもメリハリがある。


初めて聴くと
一瞬、不意をつかれた感覚をおぼえます。
度肝を抜かれるというと大げさかな?

もとの振り出しに戻ったぁ。

この「ぁ」と声を振り絞った感じも
大好きな表現ポイントです。
洋平さん 口いっぱい開けて出し切る。

そして2番へと繋がるわけですが、

その途中にリードギターが入るの分かりますか?

この音、僕はいつも救急車のサイレンに聞こえるんです。

ほら、救急車って、遠ざかっていくと
変な風に音が変化して聞こえるじゃないですか。
あんな感じの音。

勝手な解釈かもしれませんが、

City→都会
都会の夜
雑多
静まりかけた夜の街
救急車

僕の頭の中、こんな感じです。

なぜか夜の街というと、救急車が

関連ワードにでてくるので

夜の街の情景が頭に浮かんで大好きです。


と、いよいよ後半に続く
です。

中盤戦のまとめ
【計算された表現?!はやはり芸術】

最後にLiveの動画です。


それでは、また。



スポンサードリンク











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。